Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/134-e71e17ac

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

理想は「必要なときにしかる父親」

読売世論調査によると

子供のしつけで悩んだ経験のある親が、20~40歳代の若い世代ほど多く、7割に達することが、読売新聞社が行った「父親像」に関する全国世論調査(面接方式)で明らかになった。

 父親の子育てについて、「しつけができていない」と厳しく見る人が77%を占めたほか、理想の父親像として、「必要なときにしかる」父親が74%とトップになるなど、国民の多くが、「厳しい」父親を求めていることがわかった。

 調査は11月12、13の両日に実施。子育てで悩んだ経験のある親は全体で61%。年代別では、平均すると20~30歳代で77%、40歳代で72%。20~40歳代を父母別で平均すると、父親60%、母親83%と、母親の方が悩んだ人が多かった。

 父親の子育てについては、「世の中の決まりをきちんと教えられない父親が増えている」という人が80%に達し、「家庭教育の責任を十分に果たしていない」も52%に上った。さらに、今の父親が「子供から尊敬されていない」は58%、「一家の大黒柱として頼りにならない」も53%と、否定的な評価が相次いだ。

 理想的な父親像では、「必要なときにしかる」に続き、「生き方や人生観を語れる」(54%)、「仕事に一生懸命取り組む」(52%)、「威厳を持っている」(49%)が上位を占めた。「子供と友達のように接する」(13%)など、子供と対等な関係を求める意見は少数だった。

 また、「父親が雷おやじだった」という人は全体では39%。父親を尊敬しているかどうかの関係で見ると、雷おやじほど尊敬している割合が高かった。

我が家では息子に尊敬されているのかな?? (^^;
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/134-e71e17ac

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。