Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/167-3d69123e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

「仙台乳児誘拐」手口と酷似した推理小説 計画を模倣か?

仙台市の乳児誘拐事件で、身代金目的誘拐容疑で逮捕・送検された宮城県七ケ浜町東宮浜御林、衣料品販売業、根本信安容疑者が使った手口と酷似した内容の推理小説があることが、宮城県警仙台東署捜査本部の調べでわかった。根本容疑者が小説を参考に計画した可能性もあるとみて関連を調べている。

 小説は岡嶋二人(ふたり)さん著「99%の誘拐」(講談社文庫)。

発煙筒と「火事だ!」の叫び声で親の注意をひき、幼稚園児を誘拐して5000万円の身代金を要求する・・という内容。

根本容疑者は仙台市宮城野区の光ケ丘スペルマン病院で、スプレー缶のようなものを掲げて看護師を威嚇。「火事だ」という叫びで驚かせ、長男を連れ去った。

 また、根本容疑者が書いた脅迫文は漢字と片仮名で書かれていたが、小説に登場する脅迫文も片仮名書き。

根本容疑者は公衆電話から志村院長に電話し、電車でJR石巻駅へ向かわせた上、タクシーで三陸自動車道を走らせたが、小説でも犯人は電話などで新幹線や電車への乗り換えを次々に指示。仙台市内の高速道路も舞台となっている。


99%の誘拐
99%の誘拐
posted with amazlet on 06.01.11
岡嶋 二人
講談社 (2004/06)
売り上げランキング: 11,820


04年に講談社で文庫化され、ベストセラー
根本容疑者はこの本を模倣したのだろうか・・・
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/167-3d69123e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。