Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/255-734dfc60

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

WBC 日本、アメリカにサヨナラ負け!!

この試合の重要なポイントに八回の日本の攻撃があった。

3-3で迎えた8回表1死満塁で岩村が左飛を打ち上げた。三塁走者西岡がタッチアップから本塁に突っ込み、1点を勝ち越したかと思われた。しかし、米国のマルティネス監督がこれに抗議。結局、西岡の離塁が早かったとされて、西岡はアウト。勝ち越しは幻となった。

 ≪判定変更は提訴できず≫米国―日本戦で、判定が覆って日本の勝ち越し点が取り消されたことについて、大会の技術委員を務める横浜の山中正竹球団専務は「アウト、セーフの問題なので、提訴の対象にならない」との見解を示した。

 山中専務は試合直後、この試合を担当した技術委員や審判員スーパーバイザーらに判定変更について確認。その内容を「権限のない二塁塁審が最初にセーフ(離塁が早くない)の判定を出したが、本来は球審が判断するところ。その球審が『早いと見た』ということだった」と説明した。


全く矛盾した球審のコメントだ。球審が三塁タッチアップが早いと判断できていたのならホームインした時にアウトを宣告するだろう

アメリカ側監督が抗議して、その後判定を覆した。全く辻褄が合わない。スポーツもナショナリズムの塊だが審判がそれに加担しているように思わすアメリカ野球はベストベイスボールとは言えない。単なる一つの判定だが、このことはWBCの大きな汚点になるだろう。

試合に、もしもあれが・・・ということは言ってはいけない

勝負の分かれ目9回、藤川球児のいつもの投球ができてなかったのが気になるところ。アメリカバッターに対して素直なストライクを取りにいかないというのは鉄則だが、ボールになじめないのかすっぽ抜けや思うところに球がいかないのが今後の戦いの不安材料。

追記 テーマが参考になったブログURLです
http://dzyjack.exblog.jp/1247861
http://tokyoescape.blog17.fc2.com/blog-entry-66.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kazkazpjc/28600728.html
http://plaza.rakuten.co.jp/memorialdrive/diary/200603140000/
http://plaza.rakuten.co.jp/tomohonn/diary/200603140001/
http://unncyou.blog.ocn.ne.jp/ebi/2006/03/wbc_f6c6.html
http://plaza.rakuten.co.jp/appreciation/diary/200603140000/
http://asig.exblog.jp/1233674
http://yaplog.jp/daichon_na/archive/159
http://shadow9.blog54.fc2.com/blog-entry-23.html
http://mirrors.at.webry.info/200603/article_4.html
http://kuji.exblog.jp/2824157
http://fudouyuukijounetu.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/wbc_3466.html
http://plaza.rakuten.co.jp/greenplace/diary/200603140000/
http://myepilogue.exblog.jp/1232494
http://blogs.yahoo.co.jp/masa11soph/29482308.html
http://d.hatena.ne.jp/kumae/20060313#p
http://buhipoo.blog2.fc2.com/blog-entry-224.html
http://blog.goo.ne.jp/sakkun15/e/7fd1bcdd850b69fafd06647080fd9998
http://zero2hero2.exblog.jp/1220770
http://go-japan-germany2006.at.webry.info/200603/article_8.html
http://plaza.rakuten.co.jp/lovefootball/diary/200603130001/
http://dmajor.blog29.fc2.com/blog-entry-182.html
http://comfyroom.exblog.jp/2977626
http://mycasty.jp/kamigamojinja/html/2006-03/03-13-297292.html
http://blog.goo.ne.jp/evdm-1979/e/53bc90171deb3e63f491408e40b9f78e
http://blogs.yahoo.co.jp/tsuji_kyu/622086.html
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/255-734dfc60

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。