Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/287-5d0a3d15

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

全国の書店員が一番売りたい本、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

売りの現場からベストセラーを作ろうと、全国の書店員が自分達が最もお客様にお勧めしたい本を投票でえらぶ「本屋大賞」。

第3回目となる今年は昨年11月1日から一次投票を開始。この投票には昨年を100人以上上回る368人の書店員が参加しました。この一次投票の上位11作品(10位タイだったため)をノミネート作品として今年1月20日に発表。その後、2月28日まで290人の書店員がノミネート11作品を再び読みなおし二次投票を行った。

その結果、リリー・フランキーさんの『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が第一位となり、「全国書店員が選んだいちばん!売りたい本 2006年本屋大賞」 に選ばれた。


2位 『サウスバウンド』 奥田英朗/角川書店 196.5点
3位 『死神の精度』 伊坂幸太郎/文藝春秋 190点
4位 『容疑者Xの献身』 東野圭吾/文藝春秋 184.5点
5位 『その日のまえに』 重松清/文藝春秋 179.5点
6位 『ナラタージュ』 島本理生/角川書店 162点
7位 『告白』 町田康/中央公論新社 152.5点
8位 『ベルカ、吠えないのか?』 古川日出男/文藝春秋 152点
9位 『県庁の星』 桂望実/小学館 141点
10位 『さくら』 西加奈子/小学館 135点

著者からの内容紹介
読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐリアルに胸に届く、新たなる「国民的名作」。『en-taxi』連載、著者初の長編小説がついに単行本化。


号泣でした。, 2006/04/04
レビュアー: ケロロ "メルヘブン" (埼玉県所沢市)

幽霊よりも、地震よりも、怪物よりも恐ろしいこと、それは母との永遠の別れ。。同感です。電車の通勤中に読んでいたら涙が溢れてどうしようもないので、やばい!と思い、家でじっくり読むことに。タガがはずれて号泣でした。リリーさんのオカンへの優しい思いが、文章にひしひしとつづられて、泣き笑いをしてしまうシーン満載ですね。本でこんなにも号泣したんは初めてかも。。全ての人にお勧めです!


誰でもいつか, 2006/04/02
レビュアー: みゆあ

誰にでも母がいる。
生まれてきたからにはいつか死ぬ。
誰でもいつか経験することです。
だからこそ…いつか訪れるその日を想像し、この作品に感銘を受けるのかも知れません。
リリーさんの読みやすくストレートな文面に、あっという間に引き込まれました。時間を忘れて一気に読める作品です。
人の子である人も、子の親である人も感動できる作品です。


時代を共有する人間として共感を覚えます, 2006/04/02
レビュアー: 笑顔と熱意の男 (東京都大田区)

おそらく著者とはほぼ同世代の人間ですが、描かれている時代背景にまずは共感のベースを感じます。生まれ育った地域や家庭環境は違いますが、息子というものが母親に対して持っている、どこかいつまでも吹っ切れないというか、超えられないというか、そういった感情をうまく書き表しているような気がしました。
幸い母親がまだ健在の私にとっては、そうした気持ちに気がつかせてくれたのと、まだやり切れていないことを改めて思い出させてくれるきっかけとなりました。


母の偉大さ, 2006/04/01
レビュアー: まる (栃木県)

オカン、すごく魅力的な人だと思った。
そして、リリーさんの文章にはそのオカンへの愛情がたっぷりと
感じられた。優しい文章だと思った。

ただ。
オカンが末期の肺がんで闘病。
自分の母親が全く同じ状況にあったため、闘病の辛さや抗がん剤治療の
キツさが身にしみて分かっているから、そして、リリーさんの気持ちが
痛いほど分かるから、読むのが辛くて辛くてしょうがなかった。
泣けて泣けてしょうがなかった。

母はなんて偉大なんだろう。
母の大きな愛を感じることのできた物語だった。
この物語を通じて、自分の母への感謝の気持ちがよりいっそう強まった。

私も母の物語を書きたくなった。
もちろん、こんな素敵な文章は書けないだろうけど。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー
扶桑社 (2005/06/28)
売り上げランキング: 214
おすすめ度の平均: 4.82
5 読んでよかった!
5 いつか私も経験すること
5 アマゾンのカスタマーレビューを見て買いました。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/287-5d0a3d15

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。