Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/380-6baedf42

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

ナイキCM曲に「マシュ・ケ・ナダ」

ブラジルのスーパースターのセルジオ・メンデス(65)が、1966年に発売して世界ヒットを記録した名曲「マシュ・ケ・ナダ」が、スポーツブランド「ナイキ」のCM曲に起用された。

同曲は、メンデスが40周年を迎えたことを機に約8年ぶりの新作として1月に発売されたアルバム「タイムレス」に収録。

CMにはロナウジーニョやロナウドら、ドイツW杯のブラジル代表の豪華メンバーが出演しており、40年ぶりによみがえった「マシュ・ケ・ナダ」が、2連覇を狙うブラジル代表を盛り上げる。CMは27日から放送。


タイムレス
タイムレス
ビクターエンタテインメント
price : ¥2,520
release : 2006/01/28



曲目リスト
1.マシュ・ケ・ナダ(フィーチャリング・ブラック・アイド・ピーズ)
2.ザット・ヒート(フィーチャリング・エリカ・バドゥ&will.i.amオブ・ブラック・アイド・ピーズ)
3.ベリンバウ/コンソラソン(フィーチャリング・スティーヴィー・ワンダー&グラシーニャ・レポラーセ)
4.ザ・フロッグ(フィーチャリング・Qティップ&will.i.amオブ・ブラック・アイド・ピーズ)
5.レット・ミー(フィーチャリング・ジル・スコット&will.i.amオブ・ブラック・アイド・ピーズ)
6.バナナイラ(バナナ・トゥリー)(フィーチャリング・ミスター・ヴェガス)
7.サーフボード(フィーチャリング・will.i.amオブ・ブラック・アイド・ピーズ)
8.プリーズ・ベイビー・ドント(フィーチャリング・ジョン・レジェンド)
9.サンバ・オブ・ザ・ブレッシング(フィーチャリング・マルセロ・デードイス)
10.タイムレス(フィーチャリング・インディア.アリー)
11.ルース・エンズ(フィーチャリング・ジャスティン・ティンバーレイク,ファロア・モンチ&will.i.amオブ・ブラック・アイド・ピーズ)
12.フォー・ホップ(フィーチャリング・ギンガ&マルセロ・デードイス)
13.ラメント(フィーチャリング・マオガニ・カルテット)
14.ヘイ・ガール




レビュー(アマゾン)

内容(「CDジャーナル」データベースより)
ブラジリアン・ミュージックの巨匠、セルジオ・メンデス。10年ぶりのアルバムは、旬のブラック・アイド・ピーズ、ウィル・アイ・アムをプロデューサーに迎えた意欲作。ヒップホップ/R&Bテイストを取り入れたハイブリッド・メンデス。“タイムレス”な楽しさにあふれる。★

内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)
約8年ぶりになるセルメン久々の新録盤は、米ヒップホップの雄ブラック・アイド・ピーズのウィル (will.i.am)... 続きを読む



セルメン、ブラジリアンに期待するべからず, 2006/04/12
レビュアー: popmasayo -

ブラックアイドピースの「Hey,Mama」をサンプルした楽しいM1をはじめ、スティービーがハーモニカで参加しているM3、
Q-tipカラー一色のM4など、他のレビューにも書かれている通り、ゲストが多様で飽きずに最後まで聞くことが出来る仕上がり。

ただ、前面にセルジオの名前が出ていて、彼の音楽を原曲のメロディーと全く別物に激しくヒップホップにしている曲が多いので、
ブラジリアンチューンを期待する人には不向き。
逆に、ちょっとおしゃれなヒップホップのコンピレーションを探している人にはオススメです。



セルメン素敵です!, 2006/04/01
レビュアー: セルジオ (札幌市)

今までのイメージとはがらりとは変わってはいるものの、
聴き慣れた良い曲がベースになっているため、
すんなり入っていけます。
やはりマシュケナダは最高に素晴らしく変化を遂げていました。
古さを全く感じさせなくイマ風で、これからの時期に最適な
素敵な一枚になる事間違いなしです!お試しあれ!




Willの技あり企画盤、, 2006/03/23
レビュアー:

ブラジルブームはすでに去ったと思ったら、BEPが面白いことをやってくれた。
アメリカという国は流行の移り変わり方が他と比べて格段にノロイ国だが、そのおかげでこんな面白い企画盤を聞けるなら、悪くないものだ。

Will. I. Am.のラッパーとしての技量はかなり疑問だが、プロデューサーとしての手腕は現在のUSブラックミュージックシーンで、カニエ・ウェストと並んで抜き出ている。
サードアルバムにSexyというセルジオ・メンデスをサンプルした曲があるが、Let's Get It StartedやWhere Is the Love?など、ヒットチューン満載のあのアルバムの中で、一際違うクラシックな響きを持っていた。
パルプ・フィクション&TAXIのテーマ曲として有名なMisirlouをサンプルに使ったPump Itなど、面白いことをやり続けるBEP。
もう完璧にポップグループで、ヒップホップじゃないなんて言う声も聞くが、それでもきっと彼らは今作のように面白いことをやり続けてくれるえると思う。

大体、Will. I. Am以外の誰がMisirlouとセルジオ・メンデスを同じようにサンプルとして使えるセンスを持っているというのだ?

タイムレス
タイムレス
ビクターエンタテインメント
price : ¥2,520
release : 2006/01/28


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/380-6baedf42

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。