Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/424-5d35766d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

「Dr.コトー診療所」連ドラ復活!!



「Dr.コトー診療所」連ドラ復活!!

フジテレビ系で平成15年に放送し高視聴率をあげたドラマが
10月に連続ドラマとして放送決定

南海の離島を舞台におなじみの出演者が再集結。あっと驚く新展開もあり、再び大きな反響を呼びそうだ。

出演俳優

吉岡秀隆(35)
柴咲コウ(24)
小林薫(54)
筧利夫(43)
時任三郎(48)
大塚寧々(38)

今回の大きな見どころになるのが、コトーが信頼を寄せる柴咲扮する看護師・彩佳との関係。

第1話から彩佳の病気が発覚するという驚きの展開で始まるといい、衝撃を受けたコトーが現実にどのように立ち向かっていくのか、2人の関係はどう変わっていくのか・・・

主題歌も中島ゆみきに決定!!

うちの家族で絶賛だったドラマ「Dr.コトー診療所」
ドラマが終わりスペシャル版も見て カミさんがパート2の連ドラがあったら良いねと・・

連ドラ復活になり秋のドラマがほんとうに楽しみだ


名作 「Dr.コトー診療所」をDVDで!!
Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション DVD-BOX
Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション DVD-BOX
ポニーキャニオン
price : ¥23,625
release : 2004/01/21

見るべし!魅入られるべし!

主演の吉岡秀隆さんは言葉だけでなく仕種や表情、雰囲気で語ります。DVDを繰り返し見るたびに発見や感動があることうけあいでしょう!
芝居も流石!彼の台本、原作の読み込みは感嘆する程なので、原作FANの方も納得されるはずです。

脚本もしっかりしていますし、ギャグもさらりと入っていてメリハリがあります。見ごたえ十分!豪華俳優陣も魅力のひとつです。近年稀にみる良質TVドラマです。買って損ナシですよ☆

Dr.コトー診療所2004 DVD BOX
Dr.コトー診療所2004 DVD BOX
ポニーキャニオン
price : ¥8,505
release : 2005/03/02

やっぱり涙・・・・

どうしてこんなに見入ってしまうんだろう。。。。本当に素敵なドラマです。
今回のお話はとても辛い話だけど、とても前向きになれるお話でした。
そして、子どもたちの「ビリーブ」には、またしても涙(T_T)
あんな美しい涙を久々にドラマで見ました。
心のこもったこのドラマが大好きです。
Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション 2
Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション 2
ポニーキャニオン
price : ¥5,985
release : 2004/01/21

やっぱりいい☆

4・5・6話収録のこの巻。
代議士さん親子いい味だしてます。
翻弄されて段々可愛くなるあやかさんもいいですね。
原作には出てこない大塚寧々さんがらみのお話はあんまり好きじゃ
ないんですが、6話のラストは最高です。
いいですね・・原さん親子・・。
Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション 1
Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション 1
ポニーキャニオン
price : ¥5,985
release : 2004/01/21

人間ドラマ

これは医療ドラマであると同時に人々との交流を描いた人間ドラマである。医療施設もない島に単身で来たわけありのコトー先生を吉岡秀隆が熱演している。コトー先生は今までのドラマにありがちな威厳ある医者とは異なった親しみやすく優しさあふれる人柄だ。医者が患者を自分のことのように思い、涙を流すのはきっとコトー先生くらいだと思う。だからこそ医者を信用していなかった島民の心を溶かしていけたんだろう。
Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション 3
Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション 3
ポニーキャニオン
price : ¥5,985
release : 2004/01/21

Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション 4
Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション 4
ポニーキャニオン
price : ¥5,985
release : 2004/01/21

感動の最終回

 島に赴任してきた当初、コトーを温かく迎えてくれた人は、数人に過ぎなかった。島民との交流を通して次第に信頼を得ていくコトー。しかし、そんなコトーにも誰にも言えぬ過去があった。そして過去が暴かれコトーは絶体絶命のピンチに陥る。この続きは、感動の最終回で。
 前置きが長くなったが、最近のテレビ番組は安っぽい恋愛ドラマや、悪乗りした芸能人の目にあまる番組に心底辟易していた。しかし、この作品は沖縄の美しい背景を舞台に命の尊厳や、人との結びつきを問いかけてくる。本作品は、近年稀に見る名作と言っても決して過言ではない。人に押し付ける意思は全くないが、お金を出す価値は十分あると言える。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/424-5d35766d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。