Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/441-5220d21b

-件のトラックバック

[T1243] No.360:目が点になる!?

 おはようございます。テレビは、デジタル放送化を前に、「薄く!大きく!」が合言葉のような状況で、技術革新が続いています。そうした中、こんな報道がありました。?松下電器産業は19日、薄型テレビとして世界最大となる103型プラズマテレビの注文受け付けを9月1

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

ロバート・サブ氏の「飛び出す絵本」が 大人気!!



ロバート・サブ氏の「飛び出す絵本」が 大人気!!

ロバート・サブダ氏の飛び出す絵本「不思議の国のアリス」が一昨年に発売されると大人気になった。日本語版の入手は困難で、英語版も入荷するとすぐに完売してしまいます。

 サブダ作品の魅力は、いたるところに精巧な仕掛けが施されている点だという。トランプの兵隊にアリスが追いかけられる最後のページは、豪華の一言だ。

大阪市中央区の書店「アセンス」でも昨年末以降、サブダ作品は売り切れ状態。店頭には「不思議の国のアリス」や「オズの魔法使い」、サブダ氏と共同アトリエを構えるマシュー・ラインハート氏の「シンデレラ」など約10種類が並ぶが、ほとんどが英語版だという。

「子供へのプレゼントとして購入される方も多いが、最近では自分用に買う大人も多いという。日本語版の生産が追いつかず、英語版も品薄状態」

 出版社の大日本絵画(東京都千代田区)では約10年前からサブダ作品を取り扱っているが、当初の年間発売数は1万冊程度。しかし、「不思議の国のアリス」はこの約1年半で約10万冊売れた。

 同社では「複雑な仕掛けは手作業で作り出されるため、注文が急増しても増産が難しい。今は注文さえも受けられない状況です」と話す。

ロバート・サブ氏の「飛び出す絵本」
 

飛び出す絵本(ロバート・サブタ)通販

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/441-5220d21b

1件のトラックバック

[T1243] No.360:目が点になる!?

 おはようございます。テレビは、デジタル放送化を前に、「薄く!大きく!」が合言葉のような状況で、技術革新が続いています。そうした中、こんな報道がありました。?松下電器産業は19日、薄型テレビとして世界最大となる103型プラズマテレビの注文受け付けを9月1

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。