Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/45-743f2151

-件のトラックバック

[T21] 琢磨来期のシートは?

バトンの残留か離脱か、そしてバリチェロとの2年契約の噂など来期のラインナップに向けて最も話題を振りまいているBARホンダ。バトンとウィリアムズとのオプション契約があるもののバトンは来期競争力が落ちる「ウィリアムズには行きたくない」と明言。バトンとウィ

-件のコメント

[C21]

すばらしい記事、ありがとうございました。
今のF1のことも、琢磨のことも、よくわかりました。
久々にトルコGPを見てみましょうか。でも、トルコで開催してたんですね。
北京でも開催したり…まったくヨーロッパ人はわけわからん!

そしてそして、セナのことをありがとうございます。涙出てきた。
いつまでも二流国といわれるブラジルと日本がコンビを組んで世界一を何度もとった。本田宗一郎がセナに「N0.1、N0.1」と親指立てながら満面の笑みで迎え、こらえきれず泣くセナ…涙もろいところも傲慢なところもすべてが愛しかったな~
生き様まで見せてくれたレース。あんなスポーツ選手、いないですよね。

[C22]

セナは日本人が一番好きなF-1ドライバーだと思います。私もセナの走りに感動もらったし今でも忘れられません・・。なぜあの壁に吸い寄せられるように激突したのだろうと不思議な気持ちになります。

こうしてコメント頂けるというのは・・ セナが今でも大勢の人たちの心の中に行き続けているということだと思います。セナありがとう

コメントの投稿

投稿フォーム

F1 Grand-prix 2005 頑張れ琢磨

セナが好きです。F1サンマリノGPの高速コーナー「タンブレロ」で首位を走る彼のマシンはコントロールを失い、コースアウトしてコース脇のウォールに激突し帰らぬ人となった映像は今でも鮮明に覚えてます。 彼は紳士でもありましたが、プロストとの確執はレース中にも現れ見てる私は緊張感いっぱいでした。

最近のF-1が楽しくない感じる部分はバトルが少ない・・というか
昔のように抜きつ抜かれつというのが難しい。

セナがワールドチャンピオンになった一因としてホンダターボエンジンが絶大なるパワーを手に入れた事。そのころ他のメーカーはターボエンジンの開発が遅れていてホンダの突出したパワーを封じるのに NA3.5リッター・エンジンレギュレーション変更になりました。

F-1を統括してるFIA姿勢に疑問がありです。今年のアメリカGPのミシュランタイヤ問題、そしてFIAがフェラーリ陣営に偏っている。FIAは歴史があり自動車レースは欧米が主導と思っているふしがありありと・・。


中島悟はF-1の先駆者として当時ワクワクしてレース観戦してました。ただ古館の納豆走法という表現はイマイチだったなぁ・・。

佐藤琢磨を批判する人もいると思いますし嫌いな人も・・。私は彼のスタイルが好きです。彼は大学まで自転車乗りで1996年全日本学生選手権優勝している。     

チャリンカーからF-1ドライバーに変身したのは彼が世界ただ一人でしょう(笑)。F-1ドライバーの殆どが五歳辺りからカートを乗り始めエリートコースを歩んでくるなかで、20歳からカートから初めて僅か五年でF-1ドライバーに昇格したのは奇跡ともいえる。

彼のレースの運び方やドライビィングに賛否両論ありますが、私は彼のアグレシップなドラビィングが好きです。インタビューやコメントで彼の考え方に共感するし、彼のアグレシップな姿勢は感情的ではなく冷静に判断してのドライビィングだから見る方もワクワクしてくる。

彼は20歳からモータースポーツに参戦する事は不利だと知っている。彼には確実なビジョンがあり5年でF-1ドライバーになりそれから10年のビジョンも持っている。

有言実行それを実現させたという事は素晴らしいです。この先彼のビジョン通り進むかどうかは分かりません しかし彼のチャレンジ精神を応援します。BARから毎回ポイント取れとのノルマは厳しい・・。F-1後半戦からの琢磨の走りに注目です。BARでは8月中には来期のドライバー発表するというコメントもあり、琢磨にとってトルコGPがBARへの最後アピールになるかもしれない。

北京にサーキット場が作るらしいけどF-1開催本当にするつもりなの?? 上海インターナショナル・サーキット建設費が莫大でレースでペイできないとの話。去年のF-1の観客は企業の接待客ばかりで一般人は殆ど見に行かなかった。中国でモーターレースが根付くのに30年はかかる? それに中国のマスコミのレベルの低さに呆れる。レース関係者に中国の優秀ところばかりアピールしたり言わせたり。ミハエル兄も苦笑するしかなかった。

次はF1初開催を迎えるトルコGP 初サーキット場に強い琢磨頑張れ~
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/45-743f2151

1件のトラックバック

[T21] 琢磨来期のシートは?

バトンの残留か離脱か、そしてバリチェロとの2年契約の噂など来期のラインナップに向けて最も話題を振りまいているBARホンダ。バトンとウィリアムズとのオプション契約があるもののバトンは来期競争力が落ちる「ウィリアムズには行きたくない」と明言。バトンとウィ

2件のコメント

[C21]

すばらしい記事、ありがとうございました。
今のF1のことも、琢磨のことも、よくわかりました。
久々にトルコGPを見てみましょうか。でも、トルコで開催してたんですね。
北京でも開催したり…まったくヨーロッパ人はわけわからん!

そしてそして、セナのことをありがとうございます。涙出てきた。
いつまでも二流国といわれるブラジルと日本がコンビを組んで世界一を何度もとった。本田宗一郎がセナに「N0.1、N0.1」と親指立てながら満面の笑みで迎え、こらえきれず泣くセナ…涙もろいところも傲慢なところもすべてが愛しかったな~
生き様まで見せてくれたレース。あんなスポーツ選手、いないですよね。

[C22]

セナは日本人が一番好きなF-1ドライバーだと思います。私もセナの走りに感動もらったし今でも忘れられません・・。なぜあの壁に吸い寄せられるように激突したのだろうと不思議な気持ちになります。

こうしてコメント頂けるというのは・・ セナが今でも大勢の人たちの心の中に行き続けているということだと思います。セナありがとう

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。