Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/534-5966b596

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

ガスランタンで中毒死 息子の悲劇繰り返すな

 今年1月、キャンプ中にガスランタン(照明器具)を使っていた北九州市若松区の師村八(ひらく)さん=当時(24)=が亡くなった。死因はガスの不完全燃焼による一酸化炭素中毒。事故の波紋はメーカーや行政にも広がり、経済産業省が製造元に注意事項の表記改善を指導するに至ったが、そこには原因を追及し「事故を繰り返させまい」とする父親、師村妙石(みょうせき)さん(57)=同区=の執念があった。 (社会部・重川英介)

 事故は1月26日に起きた。父と同じ篆刻(てんこく)の道を志し、心身を鍛えるため自転車とテントで四国88カ所めぐりの旅に出た八さんは、出発から6日後の朝、岡山市内にある公園のテントで遺体で見つかった。

 入り口は閉まり、枕元に置かれたランタンの栓は開いたまま。地元警察は「酸素不足で不完全燃焼し、一酸化炭素中毒になった」と判断した。

 「『テントの中でもガスランタンを使える』と誤解していたのではないか」。息子の死から半年がたち、父はこう考えるようになった。

 ボンベには注意事項として「屋外専用」「テント内で使用しない」などと記載されていた。一方で、「換気に注意」と、屋内での使用を容認するような表記もあった。さらに、製造元のイワタニ・プリムス(東京)の親会社、岩谷産業(同)のホームページ(HP)では、プリムス社のガスランタンを「テントの中を明るく照らす。用途に応じた大きさ(のランタン)を使いましょう」と、テント内の使用を勧める宣伝をしていた。

-------------------
ヤフー ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060911-00000008-nnp-l40

私もキャンプが好きでよく出かけていたけど、ランタンは屋外で使用するというの常識の中の常識。

テント内は電池式のランタンを使うというのが分かりきっている

STでもシートを下ろすとテント内の換気が悪くなるで時々空気の入れ替えするように気をつけるようにもしている。

日常では記載されてなくても常識として身に付けることが危険さけることが必要。 たとえば 今回ランタンでの事故だか、ローソクでも起こりえるテント内は結構密閉されているので火を燃やす事をすればテント内の酸素が消費される。そのまま就寝すれば酸素不足がおこり事故になるのは想像できる。

火を燃やせば「酸素を消費する」、「テント内は密閉度高い」ということをイメージできればランタンに限らずテント内では電池式しか利用できないとおのずと理解できるはず・・。学校や家庭でこういう事を教えることが大切になってくる

キャンプブームで多くの方がランタンを使用している。

実際亡くなった方がいるという事実から、間違った使い方する人がでないように、事細かに注意事項を記載する必要があるかもしれない。




バレンシアガ通販
バレンシアガバッグが安い
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://oyajinews.blog14.fc2.com/tb.php/534-5966b596

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。