Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

日ハム 2006 アジアチャンピオン!!

「KONAMI CUP アジアシリーズ2006」北海道日本ハムvs.LA NEW による決勝戦が東京ドームで行われ、北海道日本ハムが1-0の接戦を制し、アジアチャンピオンになった!!。

日本ハムは予選リーグから負けなしの4連勝で、昨年の日本代表・千葉ロッテに続き2年連続で日本勢がチャンピオンフラッグを手にした。

決勝戦は日本ハム・ダルビッシュ、ラニューのシュ・ウェンションの両投手による投手戦となった。日本ハム打線は6回までわずか3安打で、2、5、6回と得点圏に走者を進めたものの、後続が抑えられ無得点。

7回にシュ・ウェンションから2番手フィオレに代わると、ラニューのエラーと暴投などで1死三塁のチャンスから、鶴岡のライト前タイムリーで先制点を奪った。

日ハム先発のダルビッシュは、8回途中までラニュー打線をわずか1安打に抑え、10三振を奪う見事なピッチングだった。

8回、先頭打者に四球を与えたところで武田マイケルマウンドを譲ったが1点のリードを守りきった。

優勝インタビューでヒルマン監督は「最高の気分です。日本代表として勝てたことがうれしい」と笑顔を見せ決めゼリフの「シンジラレナ~イ!」と絶叫した!!

韓国、台湾、中国と確実に力をつけているのでスケジュール調整や選手のモーチベーションを高めて戦わないとアジアの盟主として君臨し続けるのは難しいだろう・・





メゾピアノランドセル
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。