Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

2006ドーハアジア大会の日韓野球 日本サヨナラ勝ち!!

日本は、3連覇が懸かる韓国に10―7でサヨナラ勝ちした。日本は初戦のフィリピン戦に続いて2連勝した。

韓国との対戦では八回に2点失い追いつかれたが、九回一、二塁から長野(日大)が右越えに3ランを放って勝負を決めた。長野の打球はグングン伸びて右中間フェンスを越えた。熱戦に決着をつける一発。チームメートと喜びを分かち合った

韓国チームは一人を除き全員プロで臨んでいる。対して日本チームは全員アマチームで望み、アマのチームがプロ集団に勝ったというのは見事というしかない。

試合は。三回、韓国に4点を先行されたが日本は落ち着いて試合運びして好機を待っていた。西郷の2ランなどで逆転し四回には吉浦の2ランでリードを広げた。しかし粘る韓国は八回に同点としたが、長野のサヨナラ3ランで勝利を決めた!!

今大会韓国チームは三連覇を狙っていたらしいが台湾、日本に負け優勝は無くなった。韓国はスポーツで優秀な成績を収めると兵役免除というのがあるという。今大会で韓国チームが優勝すれば兵役免除の選手がいるというがこれで無くなった。

韓国のスポーツの強さの一つが優秀な成績を上げると兵役免除や莫大な報奨金や年金などがあるらしい。

日本人選手も世界大会で優秀な成績上げると報奨制度をもっと多くすればよいと思う。日本人はスポーツや運動が優れている人に対してもっと褒めてあげても良いと思う。





スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。