Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

オシム監督 腹心入閣させチーム強化狙う

2月の国内合宿で本格始動する日本代表のイビチャ・オシム監督が千葉時代からの腹心を抜てきし、チーム強化を図ることが明らかになった。

新閣僚就任が決定的なのは知将の信頼が厚いU-17日本代表の小倉勉コーチと前田弘トレーナーで、指揮官が指名し決めた人事。07年幕開けとともにオシム監督がチーム改革に打って出た。

小倉氏のほかに、退任に伴い、千葉時代に寝食を前田トレーナーも指名。
選手から絶大な信頼を集める早川トレーナーら充実のメディカルスタッフが強化され、ピッチ外でも選手に哲学が一層浸透することになる。

オシム監督は弱気言動を連発するが、ガルフ杯で敵情視察を行い、スタッフ整備を断行するなど、準備は万端。弱小クラブだった千葉を強豪に押し上げたスタッフの参戦で、第2次オシム内閣は進化を期待してる。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。