Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

円キャリートレードのリスク浮上

今週の円相場上昇は、円キャリートレード終えんの可能性を示唆する警告となっている。円が今週、対ユーロで安値を更新したり、14年ぶり安値を付けた背景には「円キャリートレード」があるが、円キャリートレードの終えんを懸念する市場参加者は増えているという。

こうした状況は、一部市場ウォッチャーを今週の円急伸、そして円キャリートレードの投資先通貨の下落が今後の市場の動きの予兆ではないかと神経をとがらす要因になっている。

欧州勢が円安に関してより強いメッセージを求める意向とロイターが報じ、円は全面高となった。

キャリートレードは、豊富な資金を元手にオーストラリアなど金利の高い国の資産に投じている日本の投資家が主な担い手となってきたが、投機筋も参加している。

「円キャリートレード」は、低金利の円で投資資金を調達し、それを外貨に換えて高い収益が期待できるものに投資する手法のことです。主に海外のヘッジファンドによって行われています。低金利国の通貨で投資資金を調達し、それを高いリターンが期待できる国で運用するということです。

日銀が金利を上げようとしたが中川氏や他の国会議員も金利上げを批判し日銀が据え置いたニュースもあるように、超低金利が終わるかもしれないと投資家が判断しているかもしれない。




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。