Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

能登で震度6強の地震

25日午前9時42分ごろ、能登半島を中心に強い地震があり、石川県輪島、七尾両市と穴水町で震度6強の揺れを記録。

石川県では住宅44棟が全壊、69棟が半壊した。気象庁によると、震源地は輪島市の南西約能登半島沖で、震源の深さは規模(マグニチュード)は6.
能登町で、珠洲市では震度5強が観測された。同庁は能登、加賀地方の沿岸に津波注意報を発令。

輪島市では同日午後6時11分に震度5弱の余震があったほか、同9時までに震度4を2回、震度3を14回観測。地盤が緩み土砂災害の可能性が高まっているとして、石川県の大雨警報・注意報の雨量基準を、暫定的に従来の約5割に引き下げたという。

25日午後6時11分ごろ、石川県能登地方を震源とする地震があり同日午前に震度6強を観測した地震の余震とみられている。

気象庁によると、石川県輪島市などで震度6強を観測した今回の地震は、日本列島の西側が乗るユーラシア・プレート(岩板)の内部で断層が横にずれてせり上がるように割れて起きたと推定。震源は海域でも、内陸直下型の地震と同じメカニズムだ。「内陸部から日本海にかけて、どこでも起こり得る地震」で、予測は難しいという。

地震は日本の宿命からもしれないが地震の予知と災害復旧に政府、自治体に全力を尽くして欲しい。


フルーツビネガー
飲むお酢
アンテプリマ激安通販
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。