Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

早大が今季初黒星 7対3で慶大が先勝

東京六大学野球春季リーグ・慶大vs.早大1回戦が2日、神宮球場で行われ、7対3で慶大が先勝した。

2季連続優勝まであと1勝の早大は、春季リーグ5試合に登板し3勝負けなし、リーグトップの防御率0.35を誇るエース須田が先発したが、3回1アウト満塁から慶大4番の佐藤翔に押し出し死球を与え先制。

その後も、続く青山にレフト前タイムリー打たれ、松橋には走者一掃のタイムリー三塁打で計5失点となった。

打線は慶大先発・加藤の前に、7回までわずか1安打無失点と沈黙。9回に3点を挙げ追い上げたものの、及ばなかった。

この結果、3日の2回戦で早大が勝てば、2季連続39度目の優勝。慶大が連勝すれば、明大を加えた3校で優勝決定戦が行われる。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。