Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

サルサ・スーツケース比較

リモワ(RIMOWA)は1898年ドイツのケルンで、ポール・モルシェク氏はスーツケースの製造はじめたのが始まりです。当時のスーツケースは牛革で作られるのが一般的でしたが、第一次世界大戦後の混乱によりヨーロッパ一円で牛革の入手が困難になりました。そこで牛革以外のスーツケースの開発が始まりまた。
1930年創立者の息子リヒヤルト・モルシェク氏が工場を「リヒヤルト・モルシェク商標」と改められます。

1935年頃、ベルリンより国防軍は密かにリモワ社を訪問し、「極地や熱帯での作戦行動に耐えうる軍用コンテナーの開発」を依頼されたことによりリブ加工のアルミケースが完成します。
1937年、アルミ製のトランクが市場投入され、1950年よりアルミケースの本格的生産が始まりました。
1976年には防水スーツケースが開発されました。酷暑、北極南極の寒さから収納物を保護するため、テレビクルーに歓迎されました。リモワスーツケーは機能、軽量性、デザインと世界中の旅行者から指示され人気のスーツケースになっています。

サルサ・スーツケース比較


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。