Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

石川遼のパワーの秘密 パワフルスイング GF90

テレビ放映された明らかになった!石川遼のパワフルで正確なショットの秘密!! 石川遼選手はM268 パワフルスイング GF90を持って
毎日素振りを400回「これで飛距離が飛びました。」とコメントをしています。

バットのヘッドの重みを使って、ヘッドスピードと握力を向上させ、正確に遠く飛ばすための練習機。パワフルスイングは飛距離アップの秘密兵器!!ヘッドの重みを感じてスイングするイメージが作りやすいです。力まず、ゆったりしたスイングが身につくなどの理由から人気になっています。

練習場所、練習目的に合わせて選ぶことができます。ドライバー用は長さ90センチ、重量680g前後。パワフルスイングが注目浴びているは、石川遼選手がM268 パワフルスイング GF90を持って毎日素振りを400回「これで飛距離が飛びました。」とテレビ番組でコメントしたのがきっかけです。石川遼選手のパワフルで正確なショットの秘密の一つがパワフルスイング GF90でスイングチェックを欠かさないということです

「パワフルスイング GF90」 石川遼愛用モデル


石川 遼(いしかわ りょう、1991年9月17日 - )は、埼玉県出身の杉並学院高等学校所属のアマチュアゴルフ選手。


【石川遼プロフィール】
埼玉県松伏町出身。
6歳の頃、父に連れられてゴルフ練習場に行った事をきっかけにゴルフにのめりこむ。
石川遼君は中学校では、ゴルフ部ではなく陸上部に所属した。これは、短距離走で足の筋力と体力を付けるため。
2005年、関東中学校選手権、全国中学校選手権優勝を初め、中学生大会で常に上位レベルを誇る実績を持ち、高校生となった2007年に行われたマンシングウェアオープン KSBカップで、日本のプロゴルフ大会においての史上最年少優勝を達成し注目を集めた。
男子ツアーでのアマチュア優勝も「中四国オープン」で優勝した1980年、倉本昌弘以来で史上2人目。
優勝した2007年のマンシングウェアオープン KSBカップは大会初日が暴風のため中止となったため、最終日に2ラウンドが行われた。高校生でありながら36ホールを回っての逆転優勝は特筆すべき勝負強さである。
その優勝した大会のインタビューでの言動から石川遼君は「ハニカミ王子」というニックネームが付いている。ちなみにその名づけ親は、この大会のテレビ中継を実況し、彼の優勝インタビューの最中にふと彼を「ハニカミ王子」と呼んだ瀬戸内海放送の多賀公人アナウンサーである。まさに優勝した瞬間に生まれたニックネームなのである。優勝記者会見で石川遼君本人も「ハニカミ王子」のニックネームについてコメントした。なお、優勝当日フジテレビの新報道プレミアAでは、サンバイザーをつけている姿から「サンバイザー王子」と呼んでいた。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。