Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

ETC割引実験を全国拡大へ

国土交通省は高速道路の渋滞解消などに向けて、今月下旬からノンストップ自動料金収受システム(ETC)利用車を対象に、高速道路で割引実験を実施すると発表。

このうち、2008年度を目標に距離別料金制の導入を目指している首都高では8月ごろから、日曜、祝日に距離に応じた料金体系を採用するほか、都心の交通量を抑えるため、東京湾のアクアラインや車についても、割引を始める。

割引幅は未定。阪神高速道路では今月24日から、大阪地区に神戸地区でも3段階の利用距離別料金体系に切り替える。

地方では、高速道路と並行して走る国道への車の流入を抑え、住環境の悪化を防ぐため、今月24日から全車両を対象に深夜割引の時間帯を拡大。
東名高速道路上り線の裾野IC(静岡県)―東京IC間で降りる車両で、3割引きとなる深夜割引の時間帯(午前0~4時)を、午後11時からに前倒しし、8月から、同10~11時の時間帯も2割引きとする。

ETCの開始当時は装置が高価あった為普及が危ぶまれたが装置価格の低下によりECT装着率がかなり上がってきた。

日本式のECTでは高機能であるために今回のような料金体系の変更が可能になる。これにより交通渋滞の緩和に役立つだろう。一部で割引料金時間前に周辺道路での停車が問題だが・・

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。