Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

よさこい 鳴子の通販情報

「よさこい節」はご存知の通り土佐の民謡。
城下一の美人の気をひくために播磨屋橋のたもとの小物屋でかんざしを買った若いお坊さんとの悲恋話ということだが、「よさこい節」は替え歌で歌い継がれてきたため、歌詞ということらしい。フレーズに使われ、ペギー葉山の「南国土佐をあとにして」のワンフレーズとしても有名になりました。
復興の中、祭りをつくろうと高知市商工会議所が中心と昭和29年「第一回よさこい祭り」が開催されました。


鳴子とは、稲に群がる鳥などを追い払うために、揺らして音を出す農具として作られたものが手に持つように改良されて、形になったといいます。両手に鳴子をフレーズを曲に入れる以外、自由というお祭りとして発展しました。

よさこいには伝統を色濃く残す「正調」とサンバ、ロック、ヒップホップ、演歌、フラメンコ、フラダンスなど各々のチームが趣向を凝らした楽曲と振り付け衣装や化粧も趣向をこらしたチームが混在している。地方車(じかたしゃ)と呼ばれるトラックにPA機器を搭載し、踊り子がその後に連なってストリートを踊るという他に例を見ない形式をとっている。

よさこい 鳴子の専門通販

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。